×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肝斑(かんぱん)の悩みにはこの美白化粧品が効く!

肝斑に効果がある美白成分とは!?

肝斑(かんぱん)は妊娠時、閉経期、生理不順など女性ホルモンバランスが崩れると発生する左右対称の少しぼやけたようなしみです。
30〜40才代の女性に一番多くみられます。

皮膚科では、トラネキサム酸やビタミンCなどの飲み薬とぬり薬を処方されることが多いようです。
本来なら、皮膚科で診断してもらうのが一番なのですが、面倒だったり、医者嫌いの方は皮膚科に行かずに何とかならないかとも考えると思います。

それなら、美白化粧品でまずは様子を見てはいかがでしょうか?

現在、シミ(肝斑を含む)に唯一効果のある成分がハイドロキノンです。

肝斑治療で皮膚科にいくと、ハイドロキノンクリーム(医薬品)を処方されるほど効果が期待できますよ。



ビーグレンを使ってみました!体験レポートはこちら



シミも肝斑もケアしないといけない理由とは?

肝斑が気になるのは30代から40代だと思います。
30歳を超えるとお肌にもいろいろとトラブルが起きてきますよね・・・。

肝斑だけではなく、くすみ、シミ、毛穴などなど・・。
肝斑を治療するときに注意したいのが、肝斑(かんぱん)だけの治療をすると、肝斑ではないシミが目立ってきてしまうこと

だから、肝斑(かんぱん)もシミも両方を一緒にケアすることが大事だと思います。
(欲を言うなら、毛穴や保湿ケアも一緒にできるとうれしいですよね!)

肝斑にもシミにも効果があるといわれている成分を含んだ美白化粧品でのスキンケアはとても大切です。
継続的に毎日ケアすることによって、できてしまったシミや肝斑を少しづつ薄くしていき、シミができにくい肌を作っていきましょう。

効果のない美白化粧品には理由があります。それは・・・↓


国際特許の浸透技術で肝斑をしっかりケア!


国際特許の浸透技術がお肌を救う!?



どんなに良い成分でも肌の奥(角質層)まで届かないことには効果がありません。

国際特許を取得したハイドロキノンをナノ化したクリームは従来のクリームの約3倍の浸透力です。

90日間尾モニターテストでメラニン現象比較テストをしたところ、皮膚科医で処方される薬用クリームと同様の美白効果があると認められた。

有効成分であるハイドロキノン・ピュアビタミン(ビタミンC)・ビタミンAで、シミひとつない素肌を!

   
国際特許を取得した皮膚浸透テクノロジー



実際に使ってみました


出産してからシミ(かんぱん?)が気になったので美白コスメをいろいろ試してきました。

「ハイドロキノン配合」「特許取得」に惹かれてビーグレンのトライアルセットを注文してみました。

はたして効果は!?

使用感などを体験レポートとしてまとめたので参考にしてください。



ビーグレンを使ってみました!体験レポートはこちら

肝斑は毎日の紫外線対策化粧品でケアを

肝斑の原因はいろいろありますが、紫外線も大きく影響を与えます。

だから、紫外線を受けた肌のケアがとても大切になってきます。
ビーグレンはできてしまったしみ以外にも、シミをできにくくする効果が期待できます。

 

全ての商品が365日返金保障がついていて安心です。

まずはトライアルセットを試してみてください。